Menu

清和福祉会 ブログ

2018年09月16日

清和福祉会職員研修(H30.9.14)


今回のテーマ 笑顔の大切さパートⅢ

全ての人に笑顔と感謝の心を射(とど)けよう!

 

清和福祉会では、2か月に1回のペースで職員研修を行っています。

整理・整頓・清掃・礼儀・挨拶など社会人として、日本人として身につけなければならないものや、福祉の世界で働く上で大切な心がけなどを身につけるべく、研修を行っています。

 

現在のテーマは「笑顔の大切さ」

今回は笑顔をテーマにして3回目の研修となります。

是非ご覧ください。

 

 

 

前回の研修で身につけた事の実践報告

1.7つの幸せ言葉

(うれしい・たのしい・大好き・しあわせ・ありがとう・ツイてる・愛してる)

を多く使い、笑顔を作りながら話せたか?

 

2.つらい・しんどい・苦しい時こそ笑顔を出す訓練をしたか?

 

 

 

◎今回も多くの実践報告を職員の皆さんからして頂きました。

 

・子どもが「ありがとう」を言うようになった。

・自分から幸せ言葉を使おうとする意識が大切。

・「ツイてる」を重点的に意識して使った。

・利用者の方へ「大好き」を心がけて使った。すると利用者の方も返してくれる。

・笑顔を使っていたら、知らない子どもが寄ってきてくれてびっくりした。

・笑顔が上手に出せず、苦笑いみたいになってしまった。

・「うれしい」を多く使ったらテンションが上がるようになった。

・笑顔を出すのは難しいと思った。

・道が分からなくなった時に「大丈夫・ついてる」と自分に言い聞かせて、余裕をもっていくことが出来た。

・1対1で家族に対応する仕事をしていて、相手の意見を素直に聞けるようになった。

・旦那から顔が鬼の様になっていると指摘された。気を付けたい。

・会話の相手が「ありがとう」を使っていると、負けないようにこっちも使うように意識した。

・「ありがとう」は一日に200回以上言うようにしている。

・「ツイてる」「何とかなる」をセットにして使うようにして生活すると、何とかなることが多かった気がする。

 

 

☆☆☆発表に対して、先生から意見を頂いています☆☆☆

 

・「ありがとう」等の言葉に感情や気持ちをこめると、相手への響きや伝わり方が更に良くなる。

 

・幸せの7つ言葉にしても、何か一つを自分のものにして使うことが大切。

 

・子どもは笑顔にとても敏感で正直。子どもの反応を見ると、自分の笑顔の状態が分かる。

 

・つらい・しんどい・苦しい時に笑顔を出すと、辛さが軽減する。そのうち逃げていくようになる。

 

・不平不満を言うよりも、心で感謝して幸せ言葉を「口に出す」事が大切。

 

・笑顔を出すのが難しいというのは、難しいと思い込んでブレーキを自分でかけている。ブレーキをかけるのではなく、簡単と思うことが大切。マイナス思考はいけない。

 

・聞き上手は仕事上手である。人の話を聞く姿勢も大切。

 

・7つの幸せ言葉は「呼び寄せる」力を持っている。ツイてる。しあわせ。使う事で呼び寄せる事ができる。

 

・ピンチはチャンス。チャンスはピンチ。ピンチを受け入れて好転させる事が大切。

 

 

「笑顔と正しい姿勢が礼儀の土台」

 

笑顔・・・相対する人と自分が対等であって、同じ人間同士であるというメッセージ。

 

お互い肯定し、受け入れていますというサイン。逆に無表情であったり、渋面を見せたりすると、仲間はおろか知り合いにもなりたくないという意味合いが感じられる。

 

正しい姿勢・・・立ち振る舞いを良くする。姿勢は心の使い。姿勢は見かけだけではなく、心の中まで映し出すのである。

 

・笑いやユーモアの精神は、必ずや苦境を乗り越えていく力を授けてくれる。

・笑うと脳の血流が増える。声を出して笑う方が効果は高い。

・笑顔は人を引き寄せる。

・笑顔は笑顔を呼ぶ。(周りの人の笑顔が多くなる)

・笑顔は幸せ育ちの小さな種。

・笑顔でいた方が、自分が楽になる。人から認められる・好かれるなどの理由ではいけない。

・どんなに苦しい時でも、笑顔で「ありがとう」と言い続けよう。きっと良い日は来る。

・どうせ一度の人生ならば、笑って暮らさないと。

・電話ほど怖いものは無い。声だけで先方の顔つきが一切分からないのだから。

・微笑みの声は暖かさと、親しさを伝えてくれる。

・笑顔は、人間の最も美しい花だ。

・どこでも、だれでも、いつでも笑顔は出来る。今日という日を「笑顔輝念日」にしよう。

・微笑みは人間関係の潤滑油。

・笑顔は最高の教養→周囲の人を不快にさせないようにするのが笑顔。

・子どもをしかるのは、子供の悪いところを見てしまうから。子どもの良い所を見つけることが大切。

 

 

 

◎人間が他人から受け取れる情報は、情報量を100とすれば・・

①表情からくるもの・・・55%

②声の質からくるもの・・・38%

③話す内容からくるもの・・・7%

いかに表情からの情報が多いかを理解する事が大切。

 

 

・笑顔と挨拶で人の気持ちは瞬時に和む。

・良く笑うほど、経済的にゆたかになる。

顔だけで笑う<声を出して笑う<大声で笑う

 

 

笑顔に関する20の言葉

  • 笑顔は心に咲く花
  • 笑いは無上の開運剤
  • 笑顔は美粧に勝る
  • 笑って損したもの無し
  • 怒れば一つ年を取る。笑えば一つ若くなる。
  • 笑顔は人を引き寄せる
  • 笑顔は会話を盛り上げる
  • 笑顔は人も自分も助ける
  • 笑顔でリラックスすると力が出る
  • 笑顔は笑顔を呼ぶ
  • 笑顔は人間の最も美しい花
  • 笑顔は最高の教養
  • 笑いに勝る良薬無し
  • 笑顔が家庭を左右する
  • 笑いは人の薬
  • 笑顔は心のオシャレ
  • 笑顔は荷物にならない贈り物
  • 悲しみは微笑む人から逃げていく
  • 笑顔は作るものではない。出すものだ
  • 笑顔は周囲を和ませる財産である

 

◎最後に先生からアドバイス

良い人・良い言葉・良い機会に出会い、学ぶ。それによって人生に大きく差が出る。

言葉を聞き、良いと思い、実行する。実行までしなくては身につかない。

 

 

今回の研修で改めて感じましたが・・・

「ポジティブ・前向きに」「積極的に」「良いと思った事はどんどん実行していく」事が大切だと感じました。

 

清和福祉会が笑顔と感謝の発信基地になるように、これからも私たちは学んでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

記事の一覧に戻る

最新ブログ

2019年04月05日 2019年度 清和福祉会入社式
2019年01月17日 清和福祉会 ホームページコンテスト中間発表!
2018年12月06日 年末年始の営業について
2018年11月09日 敬老月間スペシャルレポート!
2018年11月09日 敬老月間スペシャルレポート⑤ 清和保育園

清和福祉会についての
ご相談窓口

TEL:0957-23-9680窓口相談係
トップに戻る