みらいホーム ブログ

2020年05月29日

120分座りっぱなしの状態から何を感じるか」第三弾


前回チャレンジしたブログはこちら

この企画はタイトル通りで、普段の介護業務を行うスタッフが利用者と同じ場所、同じ態勢、同じ目線で120分を過ごすというもの。

<本企画でのルール>
・緑のソファー、茶色のソファー、一人掛け椅子、車椅子の中から1つ選ぶ
・選んだものに120分間は座り続けること
・120分間は何をしても良い(もちろん居眠りOK)
・トイレに行く際は必ず現場スタッフに必ず伝える
今回の体験者は女性スタッフ。

ちなみに車椅子を選択する。
本企画中に車椅子に乗る女性スタッフを見かけた利用者が一言…
「あら~怪我したとね?家で休めばいいのに…」っと。
その光景を周りで見ているスタッフはついつい笑ってしまっていた。

…120分終了後、スタッフの口からは

「今私たちが提供している時間の使い方を改めない」

という声があった。


本企画の目的は、既存施設の設備、日常行う業務は利用者にとって適しているかということ。
言葉で表現できないことは実際に体験してみるといい。
その体験からいろんな考えを広げ、想像していこう。
正解なんてないけど…


一番したくないことは「現状に依存する」ということ。

 

原田

みらいホームのブログをもっと見る

記事の一覧に戻る

最新ブログ

2020年07月01日 【リハビリ】虫よけスプレーとお野菜アドバイス
2020年07月01日 【リハビリ】間引き作業*女性編*
2020年06月30日 ゆたか荘消防訓練
2020年06月25日 【リハビリ】はたけ仕事*間引き作業*
2020年06月25日 【リハビリ】デイサービスの田植え

みらいホームについての
ご相談窓口

TEL:0957-23-9680窓口:原田
トップに戻る