清和福祉会の取り組み

2017/9/13

研修第11回目(H29.9.4)

1504610538354

 

新シリーズ:感謝の心ありがとうと笑顔をすべての人に射けよう

(全6回シリーズ)

 

前回までは整理・整頓・清掃といった環境整備を中心に研修を行ってきましたが

今回からは6回シリーズで「感謝の心ありがとうと笑顔をすべての人に射(とど)けよう」をテーマに研修を行っていきます。

 

 

普段何気なく使っている「感謝」「ありがとう」「笑顔」にはどのような意味があるのか?

そして、何が大切なのかを学んでいく研修となりました。

 

今回は第一回目となる導入部です。職員全員で真剣に取り組んでいます。研修内容を報告します。

 

 

 

●人は人との関係において人間となる。人間は(時間・空間・人間【じんかん】)で生きている。

人間になるための条件(人間関係が良好になるための条件)

①礼儀、礼節、挨拶ができる

②感謝の心ありがとう、愛語を使う。

③笑顔

 

ポイント

礼儀→相手を敬う気持ちを持ち、相手を不快にさせない事。

礼節→自分がしてほしい事を相手に行い、自分がしてほしくない事は相手にしない事。

 

 

 

●「感謝」の意味→「感じたもの」を「言葉」にして「射(とど)ける」という意味がある。言葉にして届けなければ、相手に伝わらない。

 

ポイント

人と人とを結びつける一番の接着剤は「ありがとう」と「笑顔」である。

 

 

●世の中が便利になればなるほど、経済が発展すれば発展するほど、人間は自己中心的になる。

感謝せずとも、容易に物が手に入る時代では「ある事」が当たり前になってしまい、

ものに感謝することが少なくなり、感謝する「癖」が身につかない。現代社会ではこの「当たり前感覚」に慣らされてしまう。

 

ポイント

人・物・自然の恵みに感謝出来る人は人・物・自然の恵みに大切に出来る(大切にされる)

 

 

●松下幸之助氏の言葉紹介

感謝の心を忘れてはいけない。感謝の心があって初めて物を大切に出来る。そうすることで気持ちも、人に対する謙虚さも、生きる喜びも生まれてくる。

 

 

 

●人間の悩みについて

①人間関係の悩み

②お金の悩み

③仕事の悩み

 

●自殺の原因ベスト3

①健康

②借金・お金関連

③人間関係

 

ポイント

仕事、人生において逆境やピンチの時に感謝の心で受け止める様になれるようになることが大切。

 

 

●喜びの段階

「人としての喜び」には段階がある。

①人にしてもらう ②できる ③してあげる

他人の喜びは我が身の喜び。「他人にしてあげる」事が最上の喜びであるとされています。

 

 

 

●ありがとうの語源と意味

・あり難し:ありえないことが起きた。何でも当たり前と思わない事が大切。

 

 

 

●人間の三毒

1.愚痴→やる気やエネルギーを小さくする。愚痴は言う方も聞く方も悪いとされている。

2.怒り→反発や腹を立てる事は自分自身を苦しめる。腹を立てずに冷静に対処できる積極的な心が重要。

3.貪り→物や人への執着は欲の為に心が病気になってしまう。

 

 

 

●いま、ここの精神

「いま」を集中している人は未来へつながっていく。今を集中していれば未来は開ける。そのような人は過去も大切にしてきた人である。「いま」その時、その時一瞬を懸命に生きる事が大切である。

 

 

 

●ありがとうございました と ありがとうございます の違い

・ありがとうございました→過去・完了形 縁がそこで切れてしまう。

・ありがとうございます→現在進行形 縁を今後にも繋いでいく言い方。

よくコンビニ等でありがとうございました。と聞くことがあるが、そこで縁を切らずに言葉の意味のうえでも今後に紡いでいくことが肝要である。

 

 

 

●感謝の言葉と意味

感謝の言葉はいくつかあるが、中でも大事なのが下の5つ

①ありがとう

②いただきます

③ごちそうさま

④おかげさま

⑤もったいない、かたじけない

 

それぞれに意味があり、日常の生活から使っていくことが大切である。昔に比べて使う頻度が減っている。

例えば、自然の恵みに対して恵みの雨にありがとうの言葉を発する事や、物や道具に対しても感謝の言葉をかけていくことが大切。

 

 

 

●なぜ感謝の心、ありがとうを大きく育てなければならないのか。

・心が綺麗になるから感性が良くなる。

・この世に生まれてきたことが奇跡であり、感謝して生きるのではなく生かされて生きている事を実感するため。

 

※感謝の言葉は要求するものではない。先手で言わないと返ってこない。

投げかけたものは投げ返されるという宇宙の法則にもあるように、自ら積極的に言葉で発しないと他者から感謝の言葉を投げかけられる事はない。

ギブ&テイクではなく、ギブ&ギブ。まずは与える事。与える事から始まっていく。それが何よりも大切である。

 

 

◎次回研修課題◎

ありがとうを乱発して使う。口癖にする。「ありがとう・いただきます・ごちそうさま・おかげさま」

といった感謝の言葉を1日100回目標に使っていく。(人・物・自然に対してどんどん使っていく)

 

1日に100回の「ありがとう」を使った事がある人は、この時点ではいませんでした。

研修で学んだ事を実践して、全員で「ありがとう」を口癖にできるように取り組んでいきたいと思います。

 

 

2017/7/11

研修第10回目(H29.7.6)

IMG_1068

 

第10回目となる清和福祉会・職員研修が行われました。

 

今回も前回の続きで1年間学んできたことの総復習、新たな一歩を踏み出すための研修となっています。

 

 

 

☆実践報告☆

 

1.机の引き出しの中を整理整頓チェックしたか?

2.ロッカー・掃除用具等の表示は行ったか?

 

 

 

IMG_1030 dd

 

各個人の机、ロッカー、棚に関して「あるべき状態」を作り上げて整理整頓を行いその状態を維持する取組みを行っています。

 

●講師の先生よりアドバイスを頂きました。

 

・ファイル類など、まっすぐ立てることを意識して、ちょっとした乱れを直していくことが必要である。

・整理整頓は「徹底的に行う」ことが大切。ちょっとした乱れを直さない、しっかりしないという事は結果として自分に甘くなることを意味する。

・誰でも「自分の仕事」は行うが「他人の仕事」「誰が行うか決まっていない仕事」はやらない。このような所から仕組みは崩れていくもの。

 

今までの1年間学んできたことは、あくまでお試し期間であり2年目に修正をしてキッチリ隙間なくやっていく。

全ての所を整頓していくことが大事である。

整頓を行うことで、物を探すロスタイムがなくなり、他人が使うときにわかりやすくなる。いつでも誰でも取り出しやすい環境を整えることが大切である。

 

 

 

「整える」という言葉について

 

整える→揃える、整列させる、物事が乱れないように正しくそろえる、心を整える。

整列、整理、整備、生前、整頓、整形、整合

間違いやミスの根本原因は心の乱れ(思い・考え・気持ち)である。

心は見えないものだからこそ、形あるものを整えて、心の乱れを修正していく。

 

「整う」と「乱れる」は反対の意味を持つ。

 

整える・・・望ましいきちんとした状態。

調える・・・必要な物が揃う(お金・資料・息・体調)

職場や家庭も整えるという意識を持つことが大切である。

 

 

 

整理整頓のポイント

・清掃は全員でやるからこそ続くもの。特にトップが止めたら続かない。

・清掃用具、洗剤の補充点検は担当を決めるべき。

・水回り(トイレ・風呂・台所)が汚いと良い姿にならない。

トイレ(一番汚いところ)は汚いものが集まりやすい。トイレ掃除をすることは厄払いの意味もある。

風呂(毎日汚れを落とすところ)はマイナス感情を流す場であり、だからこそ綺麗にしなければならない。

台所(食、命を支える場所)病気は口から入るもの。台所を綺麗にすることには意味がある。

戸井・溝といった水が流れる場所も綺麗にする意識が必要である。

 

 

☆復習・まとめ☆

 

〈清掃について復習〉

①清掃は何の為にするのか。

・きれいになる

・生産性を上げる

・心を清くする

・気づき力を身に着ける

上記のような理由があります。その他にも、心磨きという意味もある。浄・不浄に関係なく習慣化していくことが清掃の大切なポイント。

 

②掃除用具、道具、洗剤はどのようなものを準備すればよいのか。

基本的な掃除用具「ほうき・軍手・アルコール・やすり・ハケ。バケツ・鎌・モップ」等はもちろん、各汚れに対応したものを用意する。油汚れにはクエン酸。水垢汚れには重曹など。

洗剤の温度や使用時間等、どの方法で行うのが良いのかをまとめてマニュアル化する必要がある。

 

③そうじ分担(区分)はグループよりも個人単位にした方が良いのはなぜですか?

ひたすら集中をして行い、いま、ここの精神を身に着ける事ができる。

 

④なぜ手の届かない、目の届かないところまできれいにする必要があるのでしょうか?

行き届くという事→気付きの力を身に着ける事ができる。行き届く、手の届かないかゆいところまで手が届くということは、サービス・心づかい・気づかいが出来るという事。

掃除が半端というのは、仕事も半端ということ。

 

⑤トイレ掃除をすると、どんな功徳があるのですか?

汚いものを掃除することで、精神浄化作用、心が磨かれる。また、謙虚になることができる。

 

⑥掃除を一生懸命やる人は気づく力が付くといわれますが、本当でしょうか?

掃除を一生懸命やることで汚れが気になる様になる。そして、細かな所にも気づけるようになる。

「小変に気付く」→「大変になる前に気付くことで大変が起こらなくなる。」

 

⑦掃除をする重要なポイントとはどんな事でしょうか?

掃除には順番がある。

1窓を開ける(空気の入れ替え、運気を入れるという意味もある。)

2ゴミを捨てる

3上から下へ行っていく(はたく→掃く→拭く)

良い場と良い流を作り、組織の能力を最大発揮できる環境を整えていく。

 

⑧なぜ、職場や身の回りが清潔になると、やる気が出るのでしょうか。

掃除の効果として、爽やか・サッパリ・スッキリといった気分になれる。気分が軽くなる。「汚れ・チリ・ホコリ」は健康を害するものであり、除くことで気分が変わる。

 

⑨汚いことに気付けない人は仕事や人生でどんな事が起きるのでしょうか。

手を抜くようになり、気を抜くようになる。お客様の心にも気づくことができない。掃除をやると仕事や人生に間違い、ミスが無くなる。

 

⑩掃除を一所懸命やると、どんな力が身につくのでしょうか。

・感謝の心が育まれる。

・仕事の質が向上する(達成感)

 

 

〈清潔について復習〉

 

①職場環境を常に清潔に維持するためにはどの様にすれば良いのでしょうか?

整理・整頓・清掃を毎日行う事が大切。

他者からの清潔、明るいという言葉は最大の褒め言葉であり、そう言われるようになってくる。

 

②身の回り、身だしなみが常にきれいな人とそうでない人の違いはどんなこと(理由)でしょうか?

常にすがすがしい心を持つためのポイント。身の回りを整える・身だしなみを整える(服装・髪)が大切。

ファッション・・・自己中心・自己満足。

身だしなみ・・・相手に不快感を与えないというもの。

 

③油汚れ、そして水垢汚れはどの様にとり、ピカピカにするのでしょうか。

油汚れには重曹。水垢にはクエン酸が効く。

 

④汚れを落とし、ピカピカにするための方法ややり方はあるのでしょうか?

汚れを落とす力=洗剤×温度×時間×力

汚れの管理に関してのノウハウを蓄積する。

 

⑤清潔感のある人とはどんな人を言うのでしょうか?お客様はどういうふうに感じるのでしょうか?

・身だしなみが整って、感じが良い。

・清潔感のある人は、感じの良い人だからこそ、断りにくい。相手に不快感を与えない事が必要。

 

〈挨拶について復習〉

 

①なぜ朝の第一声と帰る時の失礼しますは元気(大きい)な声であいさつしなければいけないのでしょうか?

・大きな声の挨拶は、相手にやる気、元気を出させる。小さい声は相手を不快にさせる。小さい声は消極的、不

快を感じさせる時がある。

礼節とは・・・相手に不快を与えない。自分が良いと思うことを相手にすることである。

 

②なぜ立ち止まってあいさつした方がよいのでしょうか?

不快感を与えず、相手に謝意と敬意を示す。

 

③なぜ出かける時、又は帰ってきた時にお互いに掛け声をしなければならないのでしょうか?

けじめをつける意味がある。「いってきます」「ただいま戻りました」の声掛けは大切。

 

④挨拶の後、おじぎ(最敬礼45°)をする意味はどんなことなのでしょうか?

頭を下げて、敵意がない事を相手に示す。敬意を伝える意思表示となる。上げる時はゆっくりあげて、謝意を伝える。スピードが速い挨拶は軽くみられる。ゆっくり丁寧に行う事が大事。

 

⑤なぜ挨拶、おじぎをしたあとに笑顔を添えると良いのでしょうか。

笑顔は相手を受け入れる意味がある。その人の人間性を現す。口角・表情筋を上げるのがコツ。

 

⑥正しい挨拶はどのようにすると良いのですか?

ハッキリと、トーンを高く、相手の名前を呼んで先手を意識する。笑顔と愛語を使うとより効果的。

 

⑦礼儀と礼節の意味を知っていますか?

礼儀・・・相手を敬う気持ちを持って、不快な思いをさせない。謝意と敬意を心に表したもの。

礼節・・・自分がしてほしくない事を相手にしない。してほしいことを相手にする。

 

〈しつけ(躾)についての復習〉

 

①なぜ5分前励行をしっかりしなければいけないのでしょうか?

仕事だけでなく、遊び、生活を含めて時間を守ることは大切。時間にルーズな人はお金にも約束にもルーズになる。

 

②決められたことを決められた通り実行するにはどうしたらよいのでしょうか?

誰もやらなくても、自分だけはやるという信念を持つことが大切である。

 

③なぜ人間は良い事とわかっていても、決められたことは継続できないのでしょうか?

良い事は、つらいこと、飽きが出る事が多く苦痛を伴うため。この事実を知ることが必要。

 

④躾という意味はどういう事でしょうか?

・したくはないが、しなければならない事。

・してはならない事をさせない事。

 

 

 

1年間の研修を通じて、いろいろなことを学んできましたが

むしろここからがスタートラインのようです。

 

文章で見てみると堅苦しい感じがするかもしれませんが、これらの事を良い習慣として身に着け

普段の生活から意識を高める事ができれば、何気ない素振りですらもしっかりとした社会人として

振る舞えるようになるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

2017/7/10

女性部会(H29.7.6)

773978505bd600e2ad95953fd1ab1e5d_l

 

7月6日に女性部の研修会を行いました。

 

より女性が輝ける職場を目指すために2か月に1度、女性を中心とした研修会を行っています。

 

今回のメインテーマは「言葉(言霊)」でした。

 

 

 

 

言葉による3つの原則

 

①言葉を表情という原則

人の心は、顔(目)、言葉、態度に必ず出る。

積極的で肯定的な言葉を使っている人は表情も明るいが、消極的で否定的な言葉を使っている人は当然、表情も暗くなる。

 

②言葉はエネルギーという原則

言葉が意識を変え、意識が行動を変え、行動が結果を変える。

結果の出発点は言葉である。

 

③言葉はレストランのオーダー如し

注文したら、注文した通りの結果が出る。

自分が発した言葉通りの結果が、その人の人生にあらわれる。

 

「吐く」という言葉は「口」偏に「+」と「-」で成り立っている。

消極的・後ろ向きな「マイナス言葉」を取り去れば「叶う」という文字になります。

思いや望みがかなうのは「プラス言葉」を口癖のように発しているからと言えます。

 

 

言葉一つにしても、それを意識することが人生を大きく変えるヒントであるということを学びました。

 

言葉、行動、考え方すべてにおいてマイナス思考ではなく、プラス思考を働かせることで

 

結果的に自分の人生をより良くすることができるそうです。

 

私たちも自分を変えて、より良い自分と向き合い全てに良い影響を与えていける人間性を身に着けていきたいと思います。

 

 

 

 

2017/5/26

研修第9回目(H29.5.18)

 IMG_0984

第9回目となる清和福祉会・職員研修が行われました。

 

 今回は、今までの研修内容の再確認を中心に、理解をより深めていくものとなりました。

 

☆実践報告☆

①本を1冊読んだ有無と感想の発表。

②報告・連絡・相談は増えたかの確認。

③環境整備について、今までの取り組み発表。

 

①本を1冊読んだ有無と感想の発表。

皆さん、様々な本を読まれて感想を発表されていました。

しかしながらまだ読まれていない方もおり、本を読むことに対して習慣化できていないのが現状です。

 

本を読むことは考える力・記憶する力・読む力を身につけることができ、知識を得ることができます。

その知識を頭の中で加工して知恵とすることで、仕事や生活に役立てることができ、よりよい人生を送ることができる。

身体の栄養は食事から摂るものだが、心の栄養は本から摂り入れるもの。

一般的に順境・逆境は流れの中であるものとされているが実は「無知」から自分の中で生まれるものである。

本を読んで「無知」の状態を無くすことにつながっていくとされています。

本を読んで知識を知恵と変えて身につけていく大切さを再確認しています。

 

 ②報告・連絡・相談が前回研修自と比べて良くなったか、多くなったかの発表。

前回の研修で「報告・連絡・相談」の研修が行われました。

報告・・・仕事の結果、中間報告を行う。

連絡・・・同僚に仕事を進めるための事を連絡する。

相談・・・自分の考えや、やり方をこれでよいのか確認する。

●どうしたらよいですか?は相談ではなく質問。

●自分の考え方を述べて、上司から意見をもらうのが相談。

 

以上の内容を踏まえて、各事業所で工夫を行い、より深い連携や問題把握を早期に行えるように努力しています。

皆さんの発表からは「報告」「連絡」に関しては大幅に増えたという意見がありましたが「相談」に関して難しいという意見が出ています。

相談が少ない状態というのは何が原因なのでしょうか?

その答えとして「やる気」「モチベーション(目標に向かう意欲)」が低いから相談が行われないという事です。

報告・連絡・相談が行われやすい環境を作ると共に、やる気とモチベーションを上げる要素も重要ですね。

 

③環境整備について、今までの取り組み発表。

一区切りのまとめとして、今までの研修内容を踏まえて、今までの取り組みについての発表を統括施設長が行いました。

●整理(不要物を捨てる)

各事業所ごとに取り組みは様々であり、まだまだ道半ばではあるものの全体的に不要物を減らすことが出来ている。

 

●整頓(あるべき物があるべき場所にある)

場所によってはボールペンが大量に一ヵ所に集まったりと、ラべリングも含めて出来ていないところが見られている。

今から改善する必要がある要素。

 

●清掃(浄/不浄に関係なく毎日行う)

チェック表等を駆使して、少しずつ定着してきているが、今後は目の届かないところや手の届かないところへの清掃も必要。

 

●清潔(整理整頓清掃が常に出来ている状態)

一年前よりも確実にできている。意識も上がってきている。これを継続していくことが今後の課題。

 

●礼儀/礼節

一朝一夕で身に付くものではなく全員苦労をしている。今後身につけて行くべき課題の一つとなっている。

 

●挨拶

立ち止まってから、大きな声で、相手の名前を呼ぶという挨拶の基本は徐々に定着してきている。

 

●感謝の心・ありがとう

以前は「すみません」だった返事が「ありがとう」に変わってきており、意識の変化がみられている。

 

●愛語

利用者様への声かけを含めて、愛語の定義というものの理解が進んでいる。今後は、職員同士で愛語の掛け合いを行ってほしい。

 

●笑顔

意識は確実に上がってきている。これからももっと笑顔を磨いてほしい。

 

●親孝行

行っているかを調べる術はないものの、感想として増えてきている様子がうかがえる。先祖・家族への感謝を忘れないこと。もちろん仲間とのつながりも大切にしていこう。

 

このような形で、約1年間職員研修を行った結果を発表しています。

今後も、物的環境(整理・整頓・清掃・清潔)と人的環境(躾・礼儀・礼節・挨拶・笑顔)を更に深めて、ご利用者様とご家族様の満足度を高めると共に各職員が生活をしていく上で、よりよい人生を過ごせる様に環境整備を継続していきたいと思います。

 

 

 

今後は新たに明確な目標を立てて、更なる一歩を踏み出していきたいと思います。

 

※環境整備を継続する為のヒント

環境整備とは、あくまで手段であって目的ではありません。

己の心を磨いていくのが目的です。

心というものは、取り出して磨くことが出来ない。どうすれば良いのか?

 

それは「形から入る事」が大切。今まで学んできたことを、キッチリ学んだ通りに行う必要がある。

 

 

清和福祉会の取り組みはまだまだ始まったばかりです。今後も継続して全員で揃えて行っていきたいと思います。

 

 

 

2017/5/26

女性部会(H29.5.17)

36564429aa9333a297a9675314adfdbf

 

去る平成29年5月17日に女性部の研修会を行いました。

 

清和福祉会では男性よりも女性の方が多く働いていらっしゃいます。

 

女性の方がもっと輝いて働ける職場環境・人間性の向上を目指して女性部の研修会を行っています。

 

 

 

 

今回のテーマは・・・

 

すべての人に感謝の心「ありがとう」を射けよう(とどけよう)

 

感謝とは、ありがたいと思う気持ちを表すこと。またはその気持ちのことを指す。

 

感謝を表す方法としては「言葉」「分掌」「物」などがある。

 

また、別の言葉で「返謝」(感謝を返す)という言葉もある。

 

投げかけた言葉は投げ返ってくる。

 

人として成長するためには、相手が良いと感じる言葉を与えること、感謝することが大事となってくる。

 

①与えること=相手が良いと思うことを意識する。「ありがとう」「うれしい」「楽しい」等

②感謝すること=相手の心に響くということを意識する。

 

 ①と②を常に考えて生活をしていると、全部自分に返ってくると言われています。

 

 

私たちが一番感謝をする人は誰なのか考えてみよう。

「仕事で生かされている」「仕事をさせて頂いている」という感謝の念を持ち、謙虚になることが大切である。

感謝の心が足りないと、普段の生活や仕事に反映される。感謝の念がある人ほど、人生は豊かになるのです。

 

 

 

 

自分がしてもらって嬉しいことを相手にもしよう!

「ハガキの功徳」について

 

1.ハガキを書くことにより

情熱が深まり磨かれて、明るく素直に生きることができます。人間に本来備わっている神性が目覚めます。

 

2.ハガキには

精神の浄化作用があって、いつの間にか書いている通りの自分に変えられていきます。

 

3.ハガキは

思うように自由に書けばよい。感謝の気持ちが書かせている。直感で短い文の物ほど良い。説明すればするほど中身が薄まってきます。

拙くとも丁寧にはっきりと書かれた文字が良い。

 

4.ハガキを書くことは

決意すること。決意を行えば8割達成です。書き続けることにより、道は開けてきます。

 

今回の研修内容は以上です。

 

現在、職員全員で感謝の気持ちを表すべくハガキを書いています。

感謝の気持ちを表すことは簡単なようで、慣れていないと恥ずかしかったり筆が進まなかったりしますね。

普段から心の中にある感謝の気持ちを表現できるように、より良い人間関係を築けるように頑張っていきましょう。

 

 

1 / 41234

ページの先頭へ戻る