保育内容のご案内

保育の様子

入園・保育

0歳児から就学前の乳幼児や、地域の子育てに対し、支援をします。
恵まれた環境の下でのびのびと育ち、長年受け継がれている郷土文化芸能『浮立』を継承しています。

保育目標

明るく元気な子

なかよくする子

心の豊かな子

基本方針

①ふれあい

・親子、兄弟、家族とのふれあいを深める。

・異年齢の保育を増やし、兄弟姉妹のようなふれあいを図る。

 

②生活者中心

・保護者が必要とする保育を提供する。

・保育時間の延長、祝祭日の開園、保護者の負担になる行事は極力避ける。

 

③機能別部屋作り

・ランチルーム、お勉強室、お集まり会、午睡室など居室の専用化を図る。

 

④ ホームページの活用

・毎日3回の園児検温情報の発信(働きながらお子様の健康状態がわかります)

・保育園での行事など園児たちの様子を動画で発信します。

 

⑤保育と教育

・保育の充実と就学前教育の充実。

 

⑥園外保育

・専用のマイクロバスで遠足や観劇、慰問などへ出かけます。豊富な社会体験を経験します。

 

いろいろな活動

 

食育

毎月1回行います。(6月は食育月間)内容は給食だよりでご紹介します。

 

クッキング保育

園で育てた野菜などを利用して調理体験をします。

 

郷土文化伝承「浮立」

福祉施設への慰問や地域との交流の場で披露します。

 

世代間交流

老人施設や障がい者施設等への慰問や、園行事へ祖父母を招待します。

 

リズム遊び・リトミック

0歳児から取り組み、園行事の際に披露します。

 

コーナー遊び

コーナー保育を取り入れています。

 

交通安全教室

交通安全指導員の指導を受け、3歳以上児が参加します。(年4回)

 

チャレンジタイム(知育)

3・4・5歳児が学びの部屋で取り組みます。

 

運動遊び

身体を十分に動かし、いろんな運動に取り組みます。(週3回)

 

造形遊び

年齢に合わせた制作に取り組みます。

 

ページの先頭へ戻る